タロットで覚えておくと便利な基本事項

それではタロット占いの覚えておけばラクなことをここで記載しておきますね。
まずタロットカードは全部で78枚。
この78枚で質問や疑問、全てを読み取ることができます。



裏返しにしたタロットカードの山を決まった形に並べ、そこから一枚ずつめくっていく感じ。
どんなカードなのか、そしてどんな配置で並んだかを見るのが基本だと思います。



出たタロットカードがどういう意味なのかは、もちろんカード自体の意味がわかれば簡単。
一枚だけならわかりやすいのですが、タロットカードは複数枚引くことからカードの意味を組み合わせることもできます。
これが「リーディング」ってやつです。



正直ここでタロット占い師の実力が問われるところ。
どういう風に捉えてどういう解釈をするか。
これは人それぞれなので、千差万別の答えが出るかもしれませんね。



ただ、あくまでカードの意味はある程度決まっているので慣れてくるとリーディングも可能です。
最初のうちは一枚だけ引いて、そのカードの意味のままを捉えるのも良いと思います。
あくまでこの結果を自分の感情や価値観、更には先入観で解釈しないでくださいね。
客観視するぐらいがちょうど良いですから。



ちなみに、よくやりがちなのがめくったカードの絵柄が上下がひっくり返って出てきたので正位置に戻す…これNGです。
ひっくり返った逆位置に出てくるのも意味があります。



逆位置は正位置の反対の意味を表しますよ。
これは本などを見れば必ず出てくるのでチェックしてみてください。
慌てて正位置に戻すのがクセにならないように、とアドバイス。