タロットをするにあたっての心構え

タロットの基礎知識ということですが…正直言ってたいしたものは不要です(笑)
私の場合もカードの意味をしっかりと覚えずに本を片手に占ってます。
それぐらい簡単なものなんですね。
今だったら本を買わなくてもパソコンを目の前に置けばカードの意味なんて腐るほど載ってます。
予備知識なんていらずに誰でも楽しめちゃうものです。
言ってしまえば、これぐらい気軽なものだったからこそ、約5千年前から愛されていたわけです。



まーここからは私の見解ですが、タロット占いはかなりの確率で頼りになります。
頼りになるというのが重要でして、タロット占いの結果が絶対ではないということなんですね。



タロット占いの特徴は現在、過去を見て未来の選択肢を増やしてくれることです。



過去だけ当てて「すごーーい!」なんていう占いが多数ですが、これは占いではなくテクニックです。
現在や過去の記憶と占い結果を近づけていくテクニック。
これは会話法であり、占いではないんですね…そういう経験ありませんか?
「そう言われてみれば…」みたいな(笑)



タロット占いはそこから先の未来をどうすればい良いのか。
これを占うものなので、記憶とのすり合わせというものが存在しないんですね。
そして、さっきも言いましたが、出た結果が絶対では無く、あくまで選択肢の1つであるということ。
この心構えが大事です。



実際に何か起こる度にタロット占いをしてしまう依存症の人もいるでしょう。
でもそれはちょっとやりすぎ…(笑)
何でも言えることですが、ほどほどにが一番です。